寿歌web用.png
愛知人形劇センターPresents『人形劇・寿歌』
2022年11月30日[水]〜12月4日[日]
損保ジャパン人形劇場ひまわりホール 

演劇の名作が、モノ・オブジェ・身体表現を纏い、
新たなる作品として立ち上がる!

 1979年初演以降高校演劇から商業演劇まで限りなく上演され、小劇場演劇の記念碑的な作品である北村想の名作「寿歌」。1989年創立以来、新しい人形劇の可能性を追求する様々事業を展開してきた愛知人形劇センターが、人形劇と演劇のコラボレートする新しい舞台作品として、北村想監修・出演という完全オリジナルのもと、初演当時のスタッフ陣が結集し、オール名古屋の布陣にて企画制作します。

核戦争の終わったある関西の地方都市。人影もまるでなくなった荒野を行く旅芸人のゲサクとキョウコ。そこにいきなり現れる不思議な芸を持ったヤスオ。ゲサクとキョウコのあてのない旅路にヤスオが加わり、家財道具をリヤカーに積んで三人は荒野を進む。目指すはどこか…。

CAST

北村想.png

北村想

​声の出演/ゲサク

桑原博之.png

桑原博之

(Puppet Theaterゆめみトランク)

人形操演

Chang.png

Chang

(ラストラーダカンパニー)

人形操演

荘加真美.png

荘加真美

(劇団ジャブジャブサーキット)

​声の出演/キョウコ

ゆみだてさとこ.png

ゆみだてさとこ

(Puppet Theaterゆめみトランク)

人形操演

山内庸平.png

山内庸平

​声の出演/ヤスオ

LONTO.png

LONTO

(ラストラーダカンパニー)

人形操演

STAFF

脚本・監修:北村想

演 出 :ニノキノコスター(オレンヂスタ)

人形美術・チラシ原画:ヨコヤマ茂未

舞台美術・大道具:松本ひろし(ステージクラフト三舞)

照明:石原福雄(フラクタル)

照明オペ:平野行俊

音楽・音響(ブラン・オペ):ノノヤママナコ(マナコプロジェクト)

衣装:大池かおり

舞台監督:近藤朋文

演出助手:土方智哉、伊藤文乃(オレンヂスタ)、暁月セリナ(オレンヂスタ)

プロデューサー:中康彦(愛知人形劇センター)

プロデューサー補:加藤智宏(office Perky pat)、佐和ぐりこ(オレンヂスタ)

主催:特定非営利活動法人愛知人形劇センター

後援:名古屋市、財団法人名古屋市文化振興事業団

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

   独立行政法人日本芸術文化振興会

公演情報

公演日時

2022年11月30日(水)〜12月4日(日)

11/30(水)19:00

12/1(木)  14:00/19:00

12/2(金)  19:00★❶

12/3(土)  13:00/18:00★❷

12/4(日)  15:00

※開演30分前開場

★アフタートーク

❶12/2(金)19:00小堀純(編集者)×はせひろいち(劇団ジャブジャブサーキット)

❷12/3(土)18:00 玉木暢子[国際人形劇連盟日本センター(日本ウニマ)事務局長]×ニノキノコスター × ヨコヤマ茂未

公演会場

損保ジャパン人形劇場ひまわりホール

 

愛知県名古屋市中区丸の内3-22-21

損保ジャパン名古屋ビル19階

◉地下鉄名城線・桜通線「久屋大通」1 番出口から西へ200m

◉地下鉄鶴舞線・桜通線「丸の内」4 番出口から東へ300m

料金

前 売 3500円

当 日 4000円

愛知人形劇センター会員 3100円

(愛知人形劇センターでのみ予約受付)

チケット取り扱い

◎2022年10月1日(土)12:00チケット発売

<愛知人形劇センター

TEL:052-212-7229(平日 10~ 17時) 

MAIL:mail@aichi-puppet.net

支払い方法:当日精算

​愛知人形劇センター会員の方はこちらでご予約ください。

<ローチケ>

支払い方法:事前決済(クレジットカード・コンビニ他)

Lコード:42497​

Flyer

寿歌チラシ表_入稿.jpg
寿歌_uraA4_最終ol_01.jpg